読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆる~くマイル

ゆる~くマイルを貯めてギリギリでいいから目的を達成する、そんな陸マイラーを目指します。ゆる~く参ります

2ヶ月でアメックスゴールド祭り60,000ポイントを達成するたった1つの冴えたやり方

アメックスゴールド祭り マイレージ

すいません、タイトル煽り過ぎかもです。

 

まず初めに

この記事は

  • アメックスゴールドカード祭りに乗り遅れた人(6月以降組。要するに自分)が
  • 短期間で(2ヶ月ぐらい)
  • 確実に
  • できるだけ手間もお金もかけずに
  • アメックスにもできるだけいい思いをさせつつ
  • 60,000ポイントを得る

ことを目的としています。

 

(2016/09/02 追記ここから)

大前提として、アメックスのゴールドカードに申し込む必要があります。ちょうどハピタスでキャンペーンを行っているようですので、申込のチャンスです。

キャンペーンを逃してもゴールドカードの申込は必須ですので、アメックス側の気が変わる前にさっさと達成を目指して下さい。

 

yuru-kumile.hateblo.jp

 (追記ここまで)

 

ただし、効率を究極まで追求するようなことはしません。

もっと早い方法、もっと安く済む方法が他にあるとは思いますが、できるだけ手間を掛けないことを優先します。また、アメックスに目をつけられそうなことも避けたいと思います。

 

少し前に書いた以下の記事でも触れましたが、あくまで不足分を補うことが第一で、短期間で達成というのはおまけというか、確実に60,000ポイント手に入れるための安全策と考えてもらえれば良いと思います。

 

yuru-kumile.hateblo.jp

 

いずれにせよ、30回までという上限が設定されている以上、必要以上に急いだところで意味もないですし、面倒なこともしたくないですから。

 

この記事を参考にされる皆さんへのお願い

これは私からのお願いです。

どうせ支払わなければならないお金であれば、それはアメックスで払ってあげてください。

電気代、ガス代、電話代、上下水道代、携帯電話代....これら生活に密着した費用はどうしても支払わなければならないお金です。であれば、これらぐらいはアメックスでの支払いに切り替えてあげてください。これは持ちつ持たれつだと思います。*1

追加のお金もかかりません。支払いの切り替えはちょっと手間ですが、手間だけでマイルが手に入ると思えば楽しい作業だと思いませんか?

 

というわけで、この記事はこれらの料金9回分(各2ヶ月分。上下水道代は1回とカウントしています)の決済は達成したものとして、不足分21回をどのように補うかという視点でまとめたいと思います。

 

あと、念のため補足しておきますと、私が実際に支払っているものとは異なります。前の記事にも書きましたが、我が家はオール電化なのでガス代がありません。水道料金の切り替えも間に合うか微妙なところです。*2

逆に携帯は3回線ありますので、個別請求にして不足分を補っていたりします。

それでも足りない分を以下の方法で補って、確実に目標60,000ポイントを目指す方法を、これからご説明したいと思います。

不足分を補うための(我々にとって)良い方法

決済が21回分不足するとして、それを2ヶ月で行うためには11個の方法が必要になります。そうすると2ヶ月で22回の決済となりますが、余分な分は後で調整したいと思います。

 

では、詳細な説明は別記事にまとめるとして、まずは私がベストだと思う手法を一気にリストアップしたいと思います。

 

HERE WE GO!

 

電話をかける系
1 0033SAMURAIモバイ

NTTコミュニケーションズが行っている、携帯電話から国際電話をかける際に割引が受けられるサービスです。申込はネットから行えて、固定費もかかりません。

月に一度アメリカの何処かに1分以内の電話をかけるだけでOKです。料金はアメリカへ1分間電話して43円です。

2 001国際モバイルトーク

こちらはKDDIが行っている携帯電話から国際電話をかける際に割引が受けられるサービスです。申込は電話からなのでちょっと面倒(なかなか繋がらない)ですが、こちらも固定費はかかりません。

月に一度アメリカの何処かに1分以内の電話をかけるだけでOKです。こちらの料金はアメリカへ1分間電話して44円です。

3 050plus

スマホの通話料をオトクに変える電話アプリ」です。マツコ・デラックスを起用した広告を見たことがある人も多いと思います。申込はスマホアプリから行えます。

月額324円(税込)の基本料金かかりますが、契約月と翌月は無料ですので、2ヶ月しか利用しないのであれば通話料だけでOKです。

月に一度自宅や友人、会社に1分以内の電話をかけるだけでOKです。こちらの料金は固定電話が相手なら1分8.64円、携帯電話なら1分17.28円です。

動画を見る系
4 スカパー!オンデマンド

スカパーが行っているビデオ・オンデマンドサービスです。もしスカパーを契約していても、別で決済されるので、ちゃんとポイントが貰えます。

月に一度、108円(税込)の動画を購入するだけでOKです。観終わる必要はありません。

5 バンダイチャンネル

ここはオリジナルと自負しているところです。ただし、まだ検証中ですので、もしかすると大ゴケするかもしれません。実を言うとバンダイチャンネルでなくても良くて、要は低料金でプロバイダ決済が使えるサービスがあればよいのです。私が目をつけたのがバンダイチャンネルだったというだけです。

バンダイチャンネルでは複数のプロバイダ決済を利用できます。おすすめは「BIGLOBE決済」「@nifty決済」「Yahoo!ウォレット決済」の3つです。このうち、この記事を書いている時点では「BIGLOBE決済」でのポイント付与を確認しています。他の2つはまだ明細に上がってきおらず、ドキドキしているところです。

他にはOCNペイオンも使えますが、OCNペイオンはプロバイダ契約がないと使えないようなので、恐らくプロバイダ料金と合算で請求されてしまうと思われます。ですので、使う意味はなさそうです。もしOCNを使うなら、ダイアルアップを契約して、初月無料のうちに1回動画を購入して解約ですかね...面倒ですが。

こちらも月に一度動画を購入するだけでOKです。観終わる必要はありません。自分は108円(税込)の動画を購入しましたが、先ほどなんと54円(税込)という動画を発見してしまいました。

プロバイダ系
6 BIGLOBEダイアルアップ接続「ベーシック」コース

まだダイアルアップの需要はあるのか、契約可能です。月216円(税込)の基本料金がかかります。これは契約して放置しますので、これ以上の費用はかかりません。手間もかかりません。あと、申込月は日割り計算してくれるそうなので、月末近くで契約すると少しだけお得です。

契約した月の請求が上がったら、翌月に解約すればOKです。解約を忘れないようにしましょう。

7 ぷららダイアルアップ接続「ぷらコミ0」プラン

こちらも、契約可能です。月216円(税込)の基本料金がかかります。こちらも契約して放置しますので、これ以上の費用も手間もかかりません。

こちらも、契約した月の請求が上がったら、、翌月に解約すればOKです。解約を忘れないようにしましょう。

8 So-net ダイアルアップ接続「電話パック1」プラン

こちらも契約可能です。月324円(税込)の月額料金がかかります。こちらも契約して放置しますので、これ以上の費用も手間もかかりません。

こちらも、契約した月の請求が上がったら、翌月に解約すればOKです。解約を忘れないようにしましょう。

9 @niftyダイアルアップ接続「@nifty基本料金」プラン

こちらも契約可能です。月270円(税込)の月額料金がかかります。こちらも契約して放置しますので、これ以上の費用も手間もかかりません。上と同じく解約を忘れないようにしましょう。
ただし、こちらは入会月の月額料金が無料となります。ですので、2ヶ月目、3ヶ月目で2回を目指すことになります。ちょっとタイミングが変わるので、手間といえば手間です。
どうしても初月から料金を発生させたい場合は、メアドプラスというオプション(月額108円(税込))を申し込むと良いようです。手間ですが。

こちらは契約翌月の請求が上がったら、その翌月に解約すればOKです。解約を忘れないようにしましょう。

 

 ここまでが恐らく鉄板だと思います。誰にでも、簡単にできる方法で、月に11回決済を上げられます(バンダイチャンネル経由のプロバイダ決済がうまくいけば、ですが)。

 仮にプロバイダ決済がうまく行かなかったとしても、3回分が不足するだけなので、3ヶ月目に0033SAMURAIモバイルと001国際モバイルトーク、スカパー!オンデマンドでカバーできると思います。

その場合は残念ながら2ヶ月では到達できないということになってしまいますが、他にもダイアルアップの契約でOCN,ODNが残っていますし、どうしてもということであればYahoo!プレミアム会員が月5アカウントまで認められるそうなので、そのあたりで埋めると良いのではないかと思います。

 

では、最後にかかる費用をざっと計算してみます。

 

サービス1ヶ月目2ヶ月目3ヶ月目
0033SAMURAI モバイ 43円 43円 なし
001国際モバイルトーク 44円 44円 なし
050plus 8.64円 8.64円 なし
スカパー!オンデマンド 108円 108円 なし
バンダイチャンネル(BIGLOBE) 108円 108円 なし
バンダイチャンネル(@nifty) 108円 108円 なし
バンダイチャンネル(Y!ウォレット) 108円 108円 なし
BIGLOBEダイアルアップ 216円 216円 なし
ぷららダイアルアップ 216円 216円 なし
@niftyダイアルアップ なし 270円 270円
So-netダイアルアップ 324円 324円 なし
小計 1283.64円 1553.64円 270円
総合計
3107.28円

 

どうですか?

この費用と手間ならかなり美味しいと思いませんか?

上の表では22回決済しているので、21回で良ければ@niftyの3ヶ月目をなくすことで270円節約できます。そうするとなんと 2837.28円となり、3000円を切ってしまいます。

得られるポイントは 42,000ポイント = 42,000マイルですから、1マイルの単価は 0.068円程度というとんでもない数字になります。

 

でも、逆にポイントを出す側の立場になると、「これじゃたまらん」となりまよね.....

ですので、最初にお願いした通り、お互い持ちつ持たれつで行きましょうというのはそういうことなのです。

 

以上で私の考察を終わります。みなさんの参考になれば幸いです。

ああ、休み前にこの記事をまとめられてよかった。

*1:ある程度のお金を払うことで自己防衛の意味もあります

*2:水道料金の支払切り替えは正直失敗しました