ゆる~くマイル

ゆる~くマイルを貯めてギリギリでいいから目的を達成する、そんな陸マイラーを目指します。ゆる~く参ります

旅のプラン検討:ホテル予約でもポイントを稼ぎたい

海外旅行というイベントでは、どのホテルに泊まるかというのは非常に重要な話だと思います。

旅の思い出とホテルは切り離せないと思うので、思い出に残りそうなホテルを予約したいですよね....

 

とはいえ、陸マイラーたるもの、ホテル宿泊でもガッツリポイントを貯めて、次の旅行の足しにしたいと考えるのが自然な流れだと思います。

 

そんな時に役に立つのがやはりポイントサイトです。

 

例えば、ハピタスでは

・エクスペディア

・ホテルズドットコム

・agoda

・booking.com

といった有名サイトでポイント還元を行っています。

 

海外ホテルを予約するその前に

日本のホテルを予約するときと、海外のホテルを予約するときでは色々と違うところがあります。チェックすべきポイントを幾つか挙げておきたいと思います。

価格の見方

日本では一人いくら、という価格が表示されますが、海外では一部屋いくら、という表示がほとんどです。もちろん部屋ごとに定員はありますが、定員までの人数であれば何人で利用しても表示されている価格になります。ある意味わかりやすいです。

キャンセルポリシー

海外のホテルの場合、同じ部屋でも価格が異なるプランが提示されることがあります。主な違いはキャンセルできるかできないか、です。

キャンセルや日程の変更ができない代わりに安く提供されていることがよくあります。このプランで予約したものをキャンセルしても、一円も返ってきません。安い代わりにキャンセルのリスクが高いプランになります。

キャンセルできる場合は何月何日までは無料でキャンセルできる、となっていることが多いです。日本のホテルは直前にキャンセルしてもかなりの割合が戻ってくる事が多いですが、海外はそのあたりはシビアです。

海外旅行のホテルをキャンセルするというのは、旅行自体のキャンセルに近い状況だと思いますので、自分の場合はキャンセル不可のプランで予約する事が多いです。

朝食の有り無し

意外と見落としがちなのが朝食の有り無しです。特に朝食付きと思っていたのに無い、というのは結構きついです。ホテルで十分な朝食が食べられるなら、時間の節約にもなりますし、朝食ありのプランを選ぶのが良いと思います。

現地で追加料金を支払えば朝食は食べられますが、若干高くなることが多いようです。

もちろん、ホテルの外でお目当ての朝ごはんを食べたいというようなときは朝食なしで良いと思います。

設備、サービス

設備で気になるところがあるとすれば、バスタブがあるかないかでしょうか。シャワーしかない、それもハンドシャワーではなくて据え付けのものしかないというケースもよく有ります。一日の終りにはゆっくり湯船につかって疲れを取りたいということなら、バスタブがあることを確認した方がいいと思います。

また、サービスも重要です。例えば、空港までの送迎がなければ、タクシーを使ったりレンタカーを借りたりといった準備が必要になります。送迎付きであれば、空港を出たところでネームプレートを持って待ってくれていたりするので、リゾート感アップ間違いなしです。

子供料金 

子連れの場合は、子供料金も気になりますよね。

今回よく見かけたのは親と一緒のベッドで添い寝であれば無料というケースが多かったです。ただ、この場合は子供の朝食は別料金になるケースが多いようです。添い寝でも子供の朝食がついているケースも有り、まちまちです。

子供もそれなりに大きくなると添い寝も辛いので、その場合はエクストラベッドを入れてもらうなどして対応することになります。エクストラベッドの料金には朝食が含まれていることが多いようですが、ホテル予約サイトのページではそのあたりが確認しづらいケースが多く、ホテルの公式サイトで確認することがよくありました。

 

と、個人的にはこんなあたりをチェックしてホテルを選んでいます。

もちろん、価格に見合っているかも重要です ^^;

 

では、本題に戻ります。

どこのポイントサイトがお得?

例として、エクスペディアを利用してみたいと思います。

f:id:yurukumile:20170802081235p:plain

ちなみに、エクスペディアは「世界最大のオンライン旅行会社」を謳っています。

 

では、エクスペディアを利用する際に、どこのポイントサイトが得なのでしょうか?

そんな疑問が出たら、「どこ得?」で調べるのが定番です。

dokotoku.xxv.jp

早速調べてみると、以下のような結果になりました。

f:id:yurukumile:20170801002922p:plain

意外な伏兵、CLUB Panasonic コインが7%の還元率でトップですね。

しかし、CLUB Panasonic コインから ANAマイルに直接交換するのは 300コイン⇒75マイルとかなり交換率が悪くなっています。最も効率が良いのは Gポイントに交換してからソラチカルートに乗せることだと思います。

※Gポイント ⇒ メトロポイントで5%の手数料がかかりますが...

 

予約は簡単

エクスペディアでのホテル予約は簡単です。宿泊したい人数、日時と旅行先を入力すれば、予約可能なホテルをリストアップしてくれます。

f:id:yurukumile:20170801004141p:plain

上記の設定で検索を実行すると....

f:id:yurukumile:20170801004347p:plain

いや....こんな件数の中からどうやって選べと...というほどホテルが見つかります。

流石にこんな件数を一軒一軒見ていけないので、絞り込みを行います。

試しに、地区と星で絞り込みたいと思います。

地区は内陸部の芸術の街ウブド、ホテルの星は★★★★★で絞り込みます。

f:id:yurukumile:20170801004824p:plain

一気に23件に減りました ^^; これなら気になったホテルを見ていけば何かしらホテルが見つかりそうですね。

 

ホテルの値段はどう見れば?

ところで、エクスペディアで表示されている価格は上で説明したとおり、一泊一室あたりの料金です。今回2名で検索したので、一番上のホテルの場合、日本式の表示だと一人一泊7,700円ほどということになります。

 

 

気になるホテルが見つかったら

気になるホテルが見つかったら、ホテル名をクリックすると、予約可能な客室のリストが表示されます。試しに一番上の「ザ マンション リゾート ホテル & スパ」をクリックしてみます。

f:id:yurukumile:20170801005942p:plain

検索画面に出ていたのは、この中で最も安いプランですね。もっと広い部屋、設備が充実している部屋はやはりもう少しお高い価格になるようです。

上でキャンセルポリシーについて書きましたが、試しに、一番上のデラックスルームのプランを見てみると、下のプランは 8/6 までキャンセル料が無料となっています。サービス内容も同じようですし、この場合はキャンセル可のプランを選んでおいたほうが自由度が高そうです。

ちなみに、価格の横にある青い i を押すと、検索期間での総額が表示されます。そして総額を見てみるとわかるのですが、ここで表示されている価格は宿泊期間の価格の合計を宿泊日数で割った平均価格となっています。ちょっと分かりづらいですね。

予約する

予約したい部屋が決まったら、予約ボタンを押して予約に進みます。

f:id:yurukumile:20170801013706p:plain

はい、このページで初めて総額が表示されます。よく見ると一泊あたりの税およびサービス料が追加されています。そして意外と総額が増えていることにびっくりしてしまいます。

インドネシアでは税およびサービス料で21%取られることが多いようです。結構な割合ですよね....2割増ですからね....

でもまぁインドネシアのどこに泊まってもこのルールは変わらないので、仕方ありません。

あとは宿泊者の情報やカード番号などを入力すれば、予約完了です。

どうせ予約をするなら、会員登録をして、エクスペディアのポイントも貯めるのが良いと思います。

ポイントはどれだけ貯まるのか?

実は今回エクスペディアを使っていないので、ポイントが宿泊料に対して発生するのか、税金なども含めた総額に対して発生するのかを確認できていません。

仮に宿泊料金に対して発生すると考えると、15,533円x6泊x7%で 6,523 ポイントが発生すると思われます。

CLUB Panasonic ⇒ Gポイント ⇒ メトロポイント ⇒ ANAマイル というルートで交換すると、約 5,500マイルになる計算です。

実はGW頃が狙い目だった?

自分はずっとハピタスでエクスペディアのポイント還元率を見ていたのですが、GW前は6%の還元率でした。その頃に予約しておけば、7%には及ばないものの、交換の手間なども考えると最も良いプランだったのではないかと思います。

予約するタイミングも大事ですね。

で、結局今回の旅行はどうしたの?

今回の旅行では、複数のホテルに宿泊する予定なのですが、すべてホテルの公式サイトから直接申し込みを行いました。

自分が比較した範囲では、エクスペディアに掲載されている価格と同じかそれ以下の価格で提供されていることが多かったです。少なくとも狙ったホテルは全てそうでした。

同じ価格の場合は、よりサービスが充実されていて差別化を行っていました。

このサービスの対価と、得られるポイントを天秤にかけて、サービスを選んだ、ということになると思います。

どのホテルも英語のWebサイトは持っているので、翻訳サイトにかけながらみればなんとかなるものです。これまでの経験でも直接予約のほうがもてなしが良いという感じがあるので、今回も期待しているところです。

 

6000ポイントぐらいであれば他の手段で十分リカバー可能というのも直接予約した理由の一つです。

 

とはいえ、今回例に挙げたホテルの公式サイトに行くと、エクスペディアの倍近い料金になっていました。こういう場合はエクスペディアでの予約がお得ですし、ポイントも溜まって一石二鳥ですね。

※本当はエクスペディアのポイントも貯まるので一石三鳥ですが ^^)

 

 今回自分はポイントサイトやホテル予約サイトを利用しないという形になりましたが、どんなホテルがあるのかを調べる時にすごく助かりました。気になるホテルが見つかったら、ホテル予約サイトと公式サイトを見比べて、オトクな方で予約するのがいいんじゃないかと思います。

 

以上、何かの参考になれば幸いです。