ゆる~くマイル

ゆる~くマイルを貯めてギリギリでいいから目的を達成する、そんな陸マイラーを目指します。ゆる~く参ります

特典航空券でバリ島 : 往路移動(宿泊先のホテルまで)

さて、前回の投稿からめちゃくちゃ時間が経ってしまいました ^^;

自分の記憶のためにも引き続き書き留めていきたいと思います。

※2017年のお盆の話です。古い情報も含まれているのでご注意下さい ^^;

 

では、往路の移動の話の続きです。

 

f:id:yurukumile:20181013223618j:plain

これは雲間から見えた富士山。行ってきま~す。

 

いよいよ搭乗、の前に...

 実は、羽田の国際線ターミナルを利用するのは初めてだったりします。

これまでの海外旅行は全て成田発でしたので、非常に新鮮でした。

出発ロビーの上にある江戸小路やTOKYO POP TOWNなどを一通り巡ってみました。

 

が、これから海外旅行に行こうという自分が引き寄せられるものはあまりありませんでしたね... ^^;

いよいよ搭乗、のまた前に...

出発は 11:45 ということで、少しお腹が空いてきました。朝食を食べた時間も早かったですしね。

日本での最後の食事ということで、いかにも!なうどんをチョイスして少しだけ腹ごしらえしました。

ここのうどんはなかなか美味しかったです。

 

f:id:yurukumile:20181013223412j:plain

いよいよ搭乗!

初めてのガルーダ・インドネシア航空便です!

搭乗口はターミナルの端の方だったので、出国ゲートからは結構歩きました。

まずは経由地であるジャカルタに向けて出発です。

 

座席は 2-4-2 だったので、窓側の2席を妻と子供で、通路を挟んで自分が座る形となりました。おかげで落ち着いて映画を見られましたが、一緒に旅をしている感はちょっと減っちゃったかな... ^^;  こういうとき、3人でどう席を確保するかってほんと悩みますよね。

 

機内食レビュー

出発して2時間ちょっと経ったところで、機内食の配布が始まりました。内容はまぁエコノミーですので推して知るべし、です。

 

子供にはチャイルドミールをお願いしていたので、先に配られていました。

f:id:yurukumile:20181013225306j:plain

インドネシアらしいパッケージですね (^^)

中身はこんな感じです。

f:id:yurukumile:20181013225535j:plain

子供が好きそうなメニューでまとめられていて、味も良かったようです。左端に写っているのはウサギの形をしたパンですね。これは前年のマレーシア航空でも同じものを見かけた気がします。

 

大人はこんな感じです。

f:id:yurukumile:20181013225739j:plain

 ちょっとご飯がパサパサだったり...でちょっと残念な感じでした。

 

ちなみに、ANAのマイルでガルーダ・インドネシア航空の特典航空券を発行した場合、ANAのWebサイトからは座席の指定もミールの指定もできません。

なので、ダメ元でガルーダ・インドネシア航空のWebサイトから座席とキッズミールを申し込んだのですが、結果何事もなく対応してもらえました。

その時の話はこちらにまとめてありますので、興味のある方はどうぞ!

※まぁ、もう提携解消のようなので、誰の役にも立たなくなる気がしますが ^^;

yuru-kumile.hateblo.jp

スカルノハッタ空港(ジャカルタ)に到着!

約7時間半のフライトでジャカルタに到着しました!

ガルーダ・インドネシア航空はターミナル3Uに到着しました。ここから同じくガルーダインドネシア航空の国内線に乗り継いでバリ島へ向かいます。

当時、ターミナルの引っ越しが行われており、ガルーダはターミナル3U内で乗り継ぎができたので非常に楽でした。

 

乗り継ぎまで3時間以上あったので、空港内を歩きまわって、夕食と現地SIMを探しました。

f:id:yurukumile:20181014172331j:plain

 ターミナル3Uはかなり大きいターミナルでした。反対端が見えません....

 

f:id:yurukumile:20181013231252j:plain

謎のオブジェが.... ^^;

 

f:id:yurukumile:20181013231328j:plain

ちょっと見えにくいですが、シートの下に電源のコンセントとUSB出力がありました。これは旅行者に優しいですね。もちろんコンセントはインドネシア仕様ですが... ^^;

f:id:yurukumile:20181013231511j:plain

ロビーの反対端まで行って、ようやく現地SIMの販売カウンターを発見しました。早速スマホを渡して設定を行ってもらい、無事通信が行えるようになりました。

言語設定を英語にしておいたので、スムーズに対応してもらえました。

f:id:yurukumile:20181013231811j:plain

こんな飲料水マシーンもありました。

 

f:id:yurukumile:20181013231930j:plain

無事SIMが入手できたところで夕食へ。この時点で日本時間で夜8時頃なので、流石にお腹が空いていました。インドネシアということでナシチャンプル。

f:id:yurukumile:20181013232121j:plain

そしてサテ。このお店は空港内にしては安くて美味しかったです。

 

お腹は落ち着いたけど、乗り継ぎまではまだまだ時間があるということで、再び空港内をウロウロ。

f:id:yurukumile:20181013232438j:plain

左はグリコのアイス。

f:id:yurukumile:20181013232555j:plain

なぜかスターウォーズパッケージの水。

f:id:yurukumile:20181013232628j:plain

どちらもロビーのファミリーマートにありました。

 

国内線に搭乗!

そうこうしているうちに時間になったので、国内線に搭乗です。すでにこの時点で日本時間で23時過ぎ、かなり疲れてきました。そのせいか写真がほとんど残っていませんでした。

国内線も 2-4-2 で、また自分だけ離れて着席です。

現地時間21時過ぎの出発だったのですが、機内食が出ました。

 

f:id:yurukumile:20181013233426j:plain

これはチャイルドミール。

f:id:yurukumile:20181013233623j:plain

これが大人用。正直これは食べられませんでした。好き嫌いはないんですが、魚が泥臭くて...orz

ほんと、空港で食べておいてよかったです。

f:id:yurukumile:20181013233902j:plain

順調に飛行して、予定より早くバリ島デンパサール空港に到着しました。

これは到着後のお手洗いタイムのときに気になって撮影した一枚。のはず。

到着時の写真はこれしかありませんでした....

 

このあと、荷物を受け取って外に出たら、ホテルにお願いしていた送迎担当者がすぐ見つかりました。自分の名前を書いた紙をもって立っている人がいる、っていうのは特別感があっていいですね!リゾートに来たぞ!という気分が盛り上がりました。

写真を撮る間もなく車に乗り、10分ほどでホテルに到着しました。

 

宿泊先のホテルですが、現地着が0時過ぎになることがわかっていたので、空港近くのクタ地区にしました。

f:id:yurukumile:20181013234840j:plain

というわけで、ようやくホテルに到着です。

クタ地区でも空港に近い地区にあるアラヤリゾート・クタです。

※2018年にアムナヤリゾート・クタに名前が変わったようです

 

 

 

夜中到着でしたが快く迎えてくれて、チェックインもスムーズでした。あれよあれよという間に部屋に通され、気がついたらベッドに倒れ込んでいました。

 

日本時間朝7時に家を出て、バリでベッドに倒れ込んだのが日本時間で翌日2時なので、19時間の旅程でした。あ~、疲れた。お休みなさい。

 

特典航空券でバリ島 : まずは往路(羽田~ジャカルタ~バリ~アラヤリゾートクタ)のご紹介(のつもりがタクシーの話)

お盆にANAの特典航空券を利用してバリ島旅行に行ってきました。

実際に利用したのは提携航空会社であるガルーダ・インドネシア航空です。

 

f:id:yurukumile:20170820220949j:plain

(写真は使いまわしです....^^;) 

 

今回は、その搭乗記です。

 

8月10日 11:45 羽田発  ジャカルタ経由 バリ島行き  現地到着は 8月11日 00:10 の予定です。

 

平日朝に羽田に向かうには....

考えられる移動手段としては

  • 電車
  • エアポートリムジン
  • 自家用車

がありました

 

出発は8月10日、平日です。11時45分に出発の便なので、2時間前の9時45分には空港についておきたいところです。でも、お盆休みが近いとはいえ、その時間帯はまさに通勤ラッシュ....そんな中、スーツケースを2つ持って子供を連れて通勤客でごった返す電車に乗ることを想像すると、正直げんなりしてしまいます。

 

エアポートリムジンは、最寄りのリムジン発着場所まではやはり電車で移動か、タクシーで移動するしかありません。

 

自家用車は駐車場料金がかかるし、自分で運転しなければいけないので、特に帰りが辛い....

 

エアポートリムジンに傾きかけた頃、「だったら最初からタクシーでいいんじゃ....(妻)」(いや、その発想はおかしいけどな)

 

というわけでいろいろありまして、結局お金が一番かかる方法ではありますが、空港定額タクシーを利用することにしました。

 

空港定額タクシーとは

 

空港定額タクシーってなに?という方はこちらのサイトをご覧ください。

羽田空港定額運賃|東京のタクシー[一般社団法人 東京ハイヤー・タクシー協会]

東京の情報で申し訳ないのですが、住んでいる場所から羽田・成田まで定額のタクシー料金で運んでくれるサービスです。大都市圏の空港までであれば、近隣から定額タクシーサービスが有るようです。これで多少距離があっても、渋滞にはまってもタクシー代が定額になるので、安心してタクシーを利用できるというメリットがあります。

 

もちろん、スーツケースも載せてくれるので、空港まで手ぶら感覚で移動できます。前日夜まで荷造りをしている我が家では、スーツケース宅配サービスは利用できるけど利用できない幻のサービスなので、スーツケースも一緒に運んでくれるのはとても助かります。

もちろん、専用席も用意されます(笑)

 

ただ、定額とは言えタクシーですので、それなりの費用はかかります。また、高速道路の利用が前提なので、高速料金が追加で請求されます。

 

最終的には費用とメリットを天秤にかけて、選択することになると思います。我が家は十分メリットがあると判断して、タクシー利用としました。バケーションですしね。

 

自宅から空港へ向かうには事前にタクシー会社に直接予約が必要です。電話やインターネット予約など、タクシー会社によって受付方法が異なりますし、実のところ料金も少しだけ異なります。

我が家では、mkタクシーを利用することにしました。確かアメックスのタクシーサービスもmkだったと思います。

 

空港送迎|MKタクシー

 

あとは当日に自宅前まで迎えに来てくれるのを待つだけでした。

 

実際に利用してみて

 

当日は平日でお盆前の最後の平日、しかも10日(五十日は混む?)というのもあって朝7時に迎えを依頼しました。迎えに来る方も大変だと思いますが、乗る方も早起きで大変です ^^;

 

当日は少し早い時間に電話があり、もう到着したとのことだったので、早々にタクシーに乗り込みました。車は依頼通りアルファードでした。親子3人+スーツケース2つには十分な大きさです。

いざ走り出してみると、やはり道路は渋滞...気が焦りますがそこは運転手さんも慣れたもの、裏道を駆使して別ルートをグイグイ進み、首都高に乗ってからは特に渋滞もなく快調でした。

事前にホンダのインターナビで調べた所要時間は1時間40分ほどだったのですが、結局到着は 8:00。ずいぶん早く着いちゃいましたが、焦るよりはずっといいので、大満足でした。

 

ちょっと残念だったのは、自宅からだとメーター運賃とそれほど差がなかったことですかね... ^^;

 

ちょっと長くなってしまったので、今回はここまでということで.....(空港に着いただけ.... ^^;)

アメックスゴールドカードを解約しました

アメックスゴールド祭りから1年、解約しようかどうか迷いましたが、やはり使わないので解約することにしました。

 

すでに更新月も過ぎ、年会費の引き落としもされようとしているタイミングですが、このタイミングであれば年会費を全額戻してもらえるということなので、解約に踏み切りました。

 

電話したところ、特に引き止められることもなく、あっさり解約できました。以前一度解約の電話をしたことがあったためかと思います。

※単に、どうでもいい会員だと思われている可能性も高いですが.. ^^;

 

一応解約理由を聞かれたので、「 使わないから」と答えてしまいましたが、「年会費が高いから」とかいうとまた違う流れがあったのかもしれません。

 

しかし、プラチナのインビテーションが来ていても、まったく話題にも出ずで、あのインビテーションは何だったのか、ますます謎になりました....

 

yuru-kumile.hateblo.jp

 

というわけで、一旦さようならアメックス。

クレジットカード発行案件でまた会いましょう ^^)