ゆる~くマイル

ゆる~くマイルを貯めてギリギリでいいから目的を達成する、そんな陸マイラーを目指します。ゆる~く参ります

最近、テンタメがかなり活発な気がします

最近個人的に力を入れているのがテンタメを利用したポイント集めです。

 

以前からテンタメでぽつぽつとポイントを稼いではいたのですが、この4月ぐらいから急激に「お買い物でためる」という商品購入型のモニター案件が増えている印象です。

ちなみに、私が4月5月で獲得したポイントは20000ポイントを超えています。

良いモニター案件が多かったことに加えて、獲得率を上げる仕組みを導入したのが大きいと思います。

もちろん、それだけお金も使っているという事になりますが、ほとんどが日常で飲食するものだったりしますので、余計なお買い物をした、という印象は殆どありません。いつも飲んでいるものの代わり、いつも食べているものの代わり、という感覚です。

とはいえ、たまにポイント獲得が優先になってしまっているモニター案件もないわけではないのですが... ^^; そういったものには自分なりのチェックポイントを設けて、見送るときは見送るという対応が必要だと思います。

 

それでは、ご紹介していきたいと思います。

テンタメとは?

念の為テンタメのご紹介をすると...

・テンタメで紹介されている商品の購入(アンケート)に参加をします

・指定されている方法で商品を購入します

・アンケートに回答し、レシートの写真を添付します

これだけで商品価格の何割かがポイント還元されるサービスです。

多くは50%〜100%に設定されていますので、かなりお得に商品とポイントを手に入れることができます。

 

テンタメによる紹介は以下のページをご覧下さい。

www.tentame.net

 

そして、陸マイラーたるもの、獲得したポイントはマイルに変えたいですよね。

 

 テンタメからANAマイルへ

テンタメからはPexに等価でポイント交換ができます。600テンタメポイントからの交換となりますが、テンタメで600ポイントを貯めるのは難しくありませんので、身構えなくても大丈夫です!

 

他の条件としては

1 回あたり最大 30,000 ポイントまで
交換は 1 日 1 回
1ヶ月あたり最大 100,000 ポイントまで

という条件がありますが、よほどポイントを溜め込まない限り問題にはならないと思います。

後はお決まりのソラチカルートに乗せればANAのマイルに交換ができます。

 

テンタメ利用の仕方

まずはテンタメに会員登録してください。

 

テンタメに登録が完了すると、モニター案件に応募できるようになります。

ちなみに、2017年6月17日時点では以下のようなモニター案件が紹介されています。

※画像です

f:id:yurukumile:20170617183705p:plain

ここに紹介されているモニター案件を全てゲットすると、なんと 12800 ポイント程度獲得できます。

Pex経由でソラチカルートに乗せると、11520マイルになります。

 

が、もちろんそんなうまい話ばかりではありません。

 

テンタメで気をつけないといけないところ

テンタメで効率よくポイントを獲得するには、いくつか気をつけておかないといけないポイントがあります。自分的に気をつけていることを4つあげさせてもらいます。

条件が良いものは競争率が高い

条件が良いものとは、何と言ってもポイント還元率が高いものです。100%が最も高いのは言うまでもありません。ポイント還元率が高いモニター案件はもちろん大人気です。サイトに掲載されて10分もしないうちに終了ということも珍しくありません。なるべく早くモニター案件の掲載を見つけて、応募するスキルが必要です。

購入に条件がある場合がある

簡単なところですと、男性のみとか、女性のみといった条件がつくことがあります。お酒ですと20歳以上であること、といった条件がつくことがあります。まぁ、これはもう条件に当てはまらなかったら諦めるしかないです。

また、ちょっと毛色は違いますが Amazon での購入の場合、プライム会員であることが条件になることがほとんどのように思います。

購入場所に条件がある場合がある

意外と大変なのが、この条件だったりします。

よくあるのは、特定のスーパーマーケットチェーンやコンビニチェーンでの購入を指定されることです。例えばコンビニでミニストップを指定されると、そもそも店舗が少ないので、自宅近くにないような場合は諦めるしかありません。

また、居住地域の条件があるものもよくありますので、そういったものも縁がなかったと思って諦めるしかありません。

自宅近くで手に入るとは限らない

いざ自宅近くの店舗に行ってみると、入荷がなかったり、売り切れていたりというケースがあります。自分も何度かこれでモニター案件をキャンセルするハメになりました。

 

自分なりの応募ルールを作るのが大切

テンタメを利用する上で、何から何まで応募するわけにもいきませんので、自分の中で応募のチェックポイントを決めておく必要があります。

私なりのチェックポイントをご紹介したいと思います。

行動範囲内で無理なく購入できるか

モニター案件に応募できても、購入できなければ意味がなくなってしまいます。購入場所の条件を確認して、自分の行動範囲内で無理なく購入できそうかを確認することが大切だと思います。

還元率が十分か

購入にはもちろんお金がかかりますので、還元率が十分かは大事な条件になります。100%が望ましいのはもちろんですが、自分的には50%まではほぼ無条件に応募するようにしています。

例外は?

もちろん、例外もあります。

例えば、Amazon でビールを購入するようなモニター案件です。個人的な印象ではプレミアムモルツが多い気がしています。たまたま自宅ではプレミアムモルツを飲むことが多いので、このモニター案件が出たときにはできるだけ応募するようにしています。還元率は10%程度ですが、他で買っても価格に大きな差がなく、本来もらえないポイントが貰えるのでむしろ得ではないかと考えています。

諦めも肝心

せっかく応募できたモニター案件だとしても、諦めも肝心です。先ほども書いたように自宅近くの店舗に在庫がないような場合です。次に近い店舗に行くには交通費がかかるというような場合、獲得できるポイントとのバランスを考えて諦めるケースもあります。

諦めたときには早めにキャンセルして、他の人にモニター案件を譲るのも大事だと思います。

 

最近競争率高くないですか?

最近のモニター案件数の増加は、テンタメの人気と比例しているのかな?と思います。

人気があるのでモニター案件が集まり、モニター案件が集まるので人気が出るという良いループに入っているのかなと思います。

ですが、個人的には競争率が高くなるのは勘弁してほしいです ^^;

 

モニター案件の増加は嬉しいのですが、残念なことに募集人数はそれほど増えていないモニター案件が多いように見受けられます。特に条件が良いものほど顕著です。

還元率100%のもので募集人数が500名といったモニター案件はあっという間に定員に達してしまって、あとで気がついて悔しい思いをすることもよくあります。

 

ただ、初回で獲得できなかったからといって諦めなくても大丈夫です。

自分も経験がありますが、「この商品は買えそうにないな~」と思った人がモニター案件をキャンセルすることが稀にあります。キャンセルされるとその分が再度応募可能になるので、そのタイミングでの獲得を目指す、という方法もあります。

 

初回の応募も含めて、こまめなサイトチェックが重要になります。

ポイント交換のしやすさはどうなのか?

紹介のところでも書きましたが、テンタメポイントは Pex 経由でソラチカルートに載せられます。Pex への交換は短期間でできるようなので、使い勝手は良いと思います。

ただし、テンタメ内でのポイント追加は、それほど迅速ではありません。、商品を購入してレポートを送っても、すぐにポイントが追加されるわけではありません。モニター案件の詳細にポイント付与の時期が書いてあるので、確認しておく必要があります。

 

多くはアンケートの締切の翌月末になっていることが多いようです。

 

急いでポイントが欲しい、という使い方には向かないので、長い目で見てポイントを貯めていき、時々ドカンとポイントを交換するという使い方が良いと思います。

獲得率をあげたある「仕組み】とは?

冒頭にちょっとだけ触れましたが、獲得率を向上させるために、ある「仕組み」を導入しました。この仕組のおかげで、獲得率はかなり上げられています。

仕組みとしては簡単な話で、やっている人も結構多いのではないかと思います。ですが、下手にライバルが増えて自分が案件獲得できなくなるのもナニなので、ヒントだけにさせてもらいたいと思います。

 

まず、使える対象は

・一日の大半をPCの前に座って過ごす人

となります。仕事で一日中PCの前に座っている人に向いていると思います。

これは単純な話で、応募の操作をする必要が有るためです。モニター案件の多くは仕事をしている時間帯に追加されることが多いので、これで十分だと思います。

稀に夜10時とかとんでもない時間に追加されることもありますが、そういったモニター案件を拾えるかどうかはもう運だと思います ^^;

 

次に、ブラウザを起動したままにできる必要があります。これがモニター案件の追加を素早く見つけるために必要となります。

 

最後に、人の代わりにブラウザにモニター案件追加の確認作業ををさせるということが重要です。ずっとPCの前に座っているとしても、ずっとテンタメのページを見ていたら仕事にならないですしね。

そして、この方法は新規案件の追加だけでなく、キャンセル発生の確認にも使えます。

この方法を導入してから、キャンセルを拾うことがかなり多くなりました。これがポイント獲得増に大きく寄与していると思います。

 

ということで、ヒントだけですが、カンのいい人はもう分かったんじゃないかと思います。モニター案件をバッチリ獲得して、どんどんポイント稼いで、どんどんマイルに交換しちゃいましょう!

 

知らなかった!口コミでマイルが貰えるなんて!

以前から陸マイラーを実践されていた方には常識なのかもしれませんが、自分は今日の今日まで全く知りませんでした。

 

ホテルやレストラン、観光施設の口コミを書くとマイルが貰えるなんて!

 

どこで口コミを書けばいいの?

口コミを書いてマイルが貰えるサイトは、おそらく皆さんよくご存知の、tripadvisor と 4travel です。

 

www.tripadvisor.jp

 

4travel.jp

 

マイルをもらうには、それぞれのサイトで会員登録を行った上で口コミを書き込む必要があります。

 

トリップアドバイザー

トリップアドバイザーでマイルをもらうには、ANAマイレージクラブの会員番号を紐付けておく必要があります。

 

www.tripadvisor.jp

 

こちらのページからマイレージクラブの会員番号を登録できます。登録が完了したら、それ以降に書き込まれる口コミに対してマイルが付与されます。

 

注意点としては、ひと月最大1500マイルまでというところと、宿泊施設は月4件までというところでしょうか。

 

口コミを書いてもらえるマイルは、施設のページに書かれています。例えば、東京の帝国ホテルですと、こんな感じです。

f:id:yurukumile:20170511005018p:plain

口コミ記入で5マイルもらえるということになります。

ということはひと月300件も書かないといけないのか、ということになりますが、まぁ書けるところをちびちび書いて小遣いならぬ小マイル稼ぎが良いのではないかと思います。

 

フォートラベル

フォートラベルでは、口コミを書いてサイトのポイントを貯め、それをANAのマイルに交換する方法と、ANAのサイトからフォートラベルへ移動し、口コミを書いてマイルをもらうという二通りの方法があるようです。

 

 

f:id:yurukumile:20170511010102p:plain

フォートラベルでは2017年5月にキャンペーンを実施中のようで、通常よりも付与されるマイル数が増えているようです。

トリップアドバイザーと比べると、口コミの対象が多いため、こちらのほうが書き込みできるチャンスが多いため、マイルが獲得しやすそうです。

 

そして、ホテルに限れば、ANAマイレージモールを経由して書き込めば30マイルもらえるようです。

www.ana.co.jp

 

ただし、ひと月に60件までに制限されているようなので、月1800マイルが最大となるようです。こちらは特に期間が限られているようでもないので、ホテルに関する口コミだけはANAマイレージモールを経由するのが良さそうです。

 

 

どちらも口コミの内容に関しては条件があるので、実際に書き込む前には条件を確認して書き込みをお願いします。

 

自分も、これまで色々行ったところがあるので、口コミを書いて小マイル稼ぎをしたいと思います。

特典航空券: ANAさんからお電話いただきました

お昼に郵便局で用事を済ませようとしていたら、ANAさんからお電話いただきました。

 

以前書いたこの記事、

yuru-kumile.hateblo.jp

実はその後もちょくちょくスケジュールが変更になっているのですが、その確認というか、お伺いというか、そういった内容でした。

 

「何か不都合な点はありませんか?」ということだったので、深く考えずに「特にありませんよ~」と答えておきました。空港での滞在時間が長くなったり、帰りが若干早くなったりはしていますが、特に文句があるわけでもありませんでしたから。

 

とはいえ、スケジュールが変わるたびに送られてくるメールにビビらされているのも確かなのですが... ^^;

 

それにしても、こういった確認の電話を一本入れてもらえるだけで随分と気持ちが楽になりますね。自分は別に上客というわけではないので、きっと通常の業務としてこのようなフォロー体制がとられているのだと思います。すばらしい。

 

発行できなくなっているeチケットについても電話の後にダウンロードできるようにしてくれるということでしたし。

 

ついでに、座席の予約に関しても聞いてみたのですが、やはりリクエストを出すところまでの対応となるそうです。他社ですから、仕方ないですね...

 

一通り用事も済んだので電話を切ってしまったのですが、後で「実は不都合がある」と言っていたらネタ的に面白い話が聞けたかもなぁと思いましたが、後の祭りでした。いや残念残念。

 

その後、無事eチケットが発行できるようになっていることも確認できました。

やっぱり、特に不都合はありませんね。