ゆる~くマイル

ゆる~くマイルを貯めてギリギリでいいから目的を達成する、そんな陸マイラーを目指します。ゆる~く参ります

特典航空券でバリ島:2日目はウォーターボムバリで

※2017年お盆の旅行記です。

 

バリ島2日目は、ホテル近くのウォーターボムバリで過ごします。

 

移動日、1日目の様子は以下からどうぞ!

yuru-kumile.hateblo.jp

yuru-kumile.hateblo.jp

 

ホテル近くというのは実は正確ではなくて、ウォーターボムの近くにホテルを取ったというのがホントのところだったりします。空港からもも近いですし、通りを渡ればショッピングモールもあるし、便利なホテルでした。

 

本日の予定は

・ウォーターボムバリで遊ぶ

・ビーチウォークショッピングセンターへ行く

です。

 

ところで、ウォーターボムバリって?

ウォーターボムバリってなに?という方も多いのではないかと思います。

www.waterbom-bali.com

 

2018年トリップアドバイザーでアジアNo.1のウォーターパークに選ばれるほど人気があるスポットです。世界でも2位です。ホームページを見てもらうとわかりますが、とにかくスライダーが充実していて、一日いても飽きそうにありません。

思い出に残ること間違いなしです!

場所はここです。

 

 

まずはホテルで朝ごはん

まずはこれから。

f:id:yurukumile:20181031232941j:plain

何も言わなくても出てくるフルーツプレート。昨日とあまり変わらないです。

f:id:yurukumile:20181031233036j:plain

フレンチトースト。

f:id:yurukumile:20181031233131j:plain

Our Egg Any Style と書かれていたもの(多分)。

f:id:yurukumile:20181031233255j:plain

多分ホワイトオムレツ。

f:id:yurukumile:20181031233345j:plain

食後にラテを軽く頂いて、いそいそと移動します。

 

いざ、ウォーターボムバリへ

部屋で水着に着替えて、その上にTシャツや短パンをはいて徒歩でウォーターボムへ向かいます。

アラヤリゾート・クタ(現アムナヤリゾート・クタ)はウォーターボムバリに隣接しているので、時々叫び声が聞こえたりします。なのですが、ウォーターボムバリの入り口に行くには大通りまで出て更に少し歩く必要があります。

 

さほど遠くないので歩き始めたところ、カートに乗ったホテルのスタッフが声をかけてくれました。到着日に空港まで迎えに来てくれたスタッフで、我々の格好を見て「ウォーターボムかい?乗っていきなよ」と言ってくれたので、せっかくなので乗せてもらうことにしました。

大通りをカートで走るのはちょっとスリリングでしたが、おかげで楽に移動できました。感謝です!

 

ウォーターボムバリの入場はどうすればよいか

我が家はホテルをのんびり出発したかったのと、ガゼボを使いたかったので、日本からチケットを予約しました。ウォーターボムバリのページで直接申し込むこともできたのですが、voyagin というサイトが安かったので、そちらで予約しました。

 

 2017年には入場チケットだけでなく、場内で使えるデポジットが含まれたプランや、ガゼボの予約もできたのですが、現在は入場チケットのみのようです。

13%off になるようなので、お得に楽しみたい方は voyagin からの購入がおすすめです。

 

が、自分としては、ガゼボの利用を強く推奨したいです。

ガゼボというのはこんなものです。

f:id:yurukumile:20181101002236j:plain

なんと言っても屋根がついているので日差しを避けて休むことができます。

ランチやおやつは購入時にガゼボの番号を伝えておけばスタッフが運んできてくれます。

もちろんテーブルもあるので、食事が取りやすいです。

床に敷くマットもあるので、横になって昼寝をするのも自由です。

こういった場所が確保してあるだけで心に余裕が出るので、ゆっくりと遊ぶことができます。

ちなみに、金庫もついているので、貴重品も安心です。

f:id:yurukumile:20181101002632j:plain

これだけついて当時で2000円ぐらいでしたので、1日いるつもりなのであれば絶対オススメです。

 

現在、ガゼボを含めた予約をしたい場合は、ウォーターボムのホームページから申し込むのが良いようです。チケットの割引はありませんが、確実にガゼボを予約できます。ただし、直近2ヶ月分しか予約できないようです。予約のタイミングを忘れないようにして下さい。

 

ところで、入場に関しては持ち込み荷物でちょっとゴタゴタがありました。おやつ用にお菓子を持って入ろうとしたのですが、持ち込みはダメ!ということで受付に預けて入ることになりました。なかなか厳しいですね ^^;

ウォーターボムバリの楽しみ方

は....基本スライダー系なんでしょうねぇ....

www.waterbom-bali.com

スライダー系が11種類用意されていますが

moderate : 2種 (意訳:ちょっとすごい)

extreme: 9種 (意訳: とんでもない!)

という謎のバランスで配置されています。

絶叫系が得意な人にはたまらないと思います ^^;

 

一方、我が家は全員ビビリなので、スライダー系は moderate の python のみ経験して、あとは流れるプールやスイミングプールでゆっくり過ごしました。

 

www.waterbom-bali.com

 

あ、そういえばスイミングプールにはプールバーもありました。

f:id:yurukumile:20181104183008j:plain

後ろに見えるのがプールバーですね。皆さんいい感じで飲まれてます。

我が家は今日はぐっと我慢しておきました。

ガゼボでゆっくり

f:id:yurukumile:20181104112517j:plain

ガゼボで休んでいるときに撮った写真です。正面に見える赤茶の壁は泊まっているアラヤリゾート・クタです。敷地的には隣接しています。

f:id:yurukumile:20181104112644j:plain

遊び疲れたら一休みです。

f:id:yurukumile:20181104112735j:plain

お腹が空いたので売店に注文に行ってきました。ガゼボの番号を伝えておけば、出来上がったら持ってきてくれます。

園内での買い物は事前チャージしたタグで行うので、予め入金しておかないといけないので注意して下さい。我が家は入場チケットに一人 IDR 100,000 分の園内クレジットが含まれているプランで予約できたので、追加でチャージする必要はありませんでした。

 

メニューはこんな感じです。価格を見ると 75 など2桁の数字が書いてありますが、これは 75,000 という意味です。桁数が多いので、下3桁を省略するんですね。

f:id:yurukumile:20181104113059j:plain

f:id:yurukumile:20181104113109j:plain

f:id:yurukumile:20181104113113j:plain

 

園内には他にもカフェっぽいお店もあります。

 

f:id:yurukumile:20181104113459j:plain

f:id:yurukumile:20181104113442j:plain

これはガゼボではなく、アイスパフェ屋さんで食べたものです。写真を撮っている間にどんどん溶けていくほど暑いです ^^;

 

ウォーターボム内の写真は...

すいません、お見せできるようなものはありませんでした... ^^;

完全に遊びモードに入ってました。

 

というところで、夕方になってきたのでウォーターボムを後にして、ホテルに戻ってシャワーを浴び、一休みしました。

一休みしたあとはビーチウォークショッピングセンターに向けて出発です。

 

そういえば、園内チャージがサービスで付いているプランだったのですが、使いきれなかった分はなぜか返金してくれました。良かったのかな....???

夜のウィーターボムバリ

夜は....営業していません。でも入り口はむしろ昼間より目立っている気がします。

f:id:yurukumile:20181104183642j:plain

 

ビーチウォークショッピングセンター

歩いてもさして遠くないと思ったので、歩いていきました。

道路の渋滞がひどいのでタクシーに乗っても時間がかかるだろうと思ったのと、タクシーはぼられるというイメージ先行での決断です。

夜の町は人出が多くて結構歩きづらかったです。土曜日だったせいもあるかもしれません。結局30分ぐらいかかった気がします。

写真がまったくないのですが ^^; 道路沿いにはレストランやショプが立ち並び、非常に賑やかでした。

ただ、ビーチウォークには着いたものの、特に買いたいものも食べたいものもなく、結局ホテル近くまで戻って、ディスカバリーショッピングモール内のレストランで夕食となりました。

ディスカバリーショッピングモールで夕食

 ディスカバリーショッピングモール内の一番海沿いのレストランで夕食にしました。

中に入ったときは空いていましたが、なにやらビーチサイドで食事のセッティングが進められていました。

f:id:yurukumile:20181111174322j:plain

我々の後から大勢のインド系の人がやってきて、パーティーを始めるところでした。

それを眺めながらの食事になりました。

f:id:yurukumile:20181111174443j:plain

 ドリンクは大人はビール、子供は定番のスイカジュースです。なかかなおしゃれな感じのスイカジュースが来ました。が、バリ島で飲むスイカジュースはどれも今ひとつ甘さが足りないものばかりでした。なんでだろう?ちなみに、比較対象はマレーシア ランカウイ島です。

f:id:yurukumile:20181111174611j:plain

あまりバリっぽくないメニューが並びます ^^;

f:id:yurukumile:20181111174657j:plain

イカンパカールですね。これは美味しかったです。

f:id:yurukumile:20181111174752j:plain

なんだっけ...空芯菜の炒めものだったかな.....

大人は結構食べられたのですが、子供の食が進まなかったので、軽めで切り上げてホテルに戻りました。

f:id:yurukumile:20181111175131j:plain

小袋のチキンラーメンを食して元気が出てきたようです。こういうアイテムは念の為持っていきますよね!

 

ホテルで洗濯を頼んでみた

今回これまでの海外旅行も含めて初めて服の洗濯をホテルにお願いしてみました。

もともとそれを見越して着替えを少なめに持ってきたので、どこかで洗濯をしなければならない状況だったのですが、ホテルの価格表を見たら意外と安かったので、お願いしてみました。

で、部屋に帰ってきてみるとこんな箱が。

f:id:yurukumile:20181111180146j:plain

開けたら白い煙が出てくるんじゃないか....と思いつつ開けてみると

f:id:yurukumile:20181111180636j:plain

洗濯をお願いした服が収められていました。

11点お願いして 195,000 IDR なので、1,800円ぐらいですかね。一点あたりだと160円ぐらいです。靴下なども含まれているので一概には言えないですが、やはり安いと思います。

これぐらいの価格なら、洗濯屋さんを探して持っていって回収する手間を考えたら全然アリかなと思いました。

ホテルに洗濯をお願いすると、ちょっと贅沢感も出てリゾートに来たな~という気分もでますしね ^^)

 

というところで2日目もおしまいです。お休みなさ~い。

特典航空券でバリ島:初日はカーチャーターでウルワツ寺院へ

※2017年お盆の旅行記です。

 

長い長い移動を終えて、いよいよバリ島での初日です。

移動の様子はこちらでどうぞ!

yuru-kumile.hateblo.jp

 

f:id:yurukumile:20181014174828j:plain

 

本日の予定は

・午前中は旅の疲れを癒やしつつ、ホテルのプールで泳ぐ

・お昼は近所のディスカバリーモールとクタビーチを散策しつつ昼食

・昼食後はカーチャーターしてウルワツ寺院へ。ケチャを観る。

です。

 

まずは朝ごはん

アラヤリゾート・クタの朝ごはんは、フルーツプレートとドリンクにアラカルトで1プレートをオーダーする、という形式でした。

これまで朝食といえばビュッフェというホテルにしか泊まったことしかなかったので、新鮮でした。お腹が一杯にならなかったらどうしようという心配はありましたが、沢山食べる自分でも十分な量の朝食で、かつ美味しかったです。

f:id:yurukumile:20181014175549j:plain

これが朝食メニューです。

 

レストランはロビーの奥にあります。天井が高く広い空間となっていて、かつ左右の壁がなく、吹き抜けになっていて開放感があります。

f:id:yurukumile:20181014175648j:plain

座ると提供されるフルーツプレートとヨーグルトです。ヨーグルトの蓋は葉っぱを三角帽のように丸めて、逆向きに刺してありました。虫よけですかね?

f:id:yurukumile:20181014175816j:plain

パンも何も言わなくても出てきます。

f:id:yurukumile:20181014175906j:plain

子供が頼んだパンケーキ。

 

f:id:yurukumile:20181014175920j:plain

奥さんが頼んだエッグベネディクト

 

f:id:yurukumile:20181014175930j:plain

自分が頼んだ "Sukun" Fried Noodle。

f:id:yurukumile:20181014180445j:plain

大人はカフェオレをオーダー。子供はフレッシュジュース。

ごちそうさまでした。

 

早速プールへ

朝食後は早速ホテルのプールへ。ホテル自体がそんなに客室数があるわけではないので、プールもこじんまりしています。

f:id:yurukumile:20181014182629j:plain

プールの大きさはこんな感じです。左手前は子供用の浅いプールになっています。

奥の暗い空間はレストランで、朝食もそこでいただきます。

格子状になっているところはロビーですね。

プールは広くはありませんが、混雑もしないので余裕がありました。デッキチェアもいっぱいになることはなかったです。

f:id:yurukumile:20181014183707j:plain

そうこうしているうちに、だいぶ日差しが強くなってきました。

そろそろクタビーチを散策に行きましょう。

 

クタビーチを散策

ホテルを出発して、クタビーチを目指します。

ホテル前の細い道を歩いていくと、車通りの多い通りに出ます。この通りを渡るとディスカバリーショッピングモールがあり、モールを通り抜けるとビーチがあります。

モールのビーチ側には飲食店が何店かあるのですが、そこでついにバリ島にゃんこに遭遇しました。

f:id:yurukumile:20181014215500j:plain

でも、人馴れはしていないようでした。近づくと逃げられました。

 

f:id:yurukumile:20181015235257j:plain

ショッピングモールの裏は砂浜ではありませんでした。波も高く、透明感はありませんでした。クタエリアはそんなもののようです。

 

ちょっと外に出ただけですが、さすがに暑いので、避暑を兼ねてお昼ご飯にします。さっき通ったショッピングモール内のカフェっぽいお店にします。

f:id:yurukumile:20181016001020j:plain

子供はスイカジュース、奥さんはライムジュース、自分はミントジュース。

イカジュースは期待はずれだったようです。去年ランカウイ島で飲んだスイカジュースのほうが甘くて美味しかったと行っていました。

f:id:yurukumile:20181016001331j:plain

自分はナシゴレンとサテのプレート。

f:id:yurukumile:20181016001348j:plain

奥さんビーフレンダン。

f:id:yurukumile:20181016001412j:plain

子供はピザとスープ。

 

味はどれも特筆するようなものはなかったです。残念。

 

ウルワツ寺院へ

午後はウルワツ寺院に行って、ケチャを観る予定です。

お昼ご飯のあとはホテルの部屋でちょっと休憩しながらカーチャーターのお迎えを待ちます。

バリ島は移動が不便なので、どこかに観光に行きたければカーチャーターするのが一番良いと思います。初めて利用するのであれこれ迷ったのですが、ドイバリさんにお願いすることにしました。

ameblo.jp

代表のドイさんのブログです。ちょっとノリが軽いですが、信用はできそうだったので依頼しました。

宣伝するわけではないですが、

・ドライバー兼ガイド(兼ボディーガード)が付く

・その場の思いつきで行き先を変更できる

・楽

・タクシーと考えれば安い(8時間だと5千円)

と思えば使わない手はないと思います。バリのタクシーはだいたいボッタクリみたいですしね。

 

というわけで、ホテルに迎えに来てもらってウルワツへ向けて出発です。

 

が、金曜日なのに道路は大渋滞。空港脇からジンバランへ向かうものの渋滞で動けず。たまらずUターンして海上の高速を通りショートカット。その後も地元の人ならではの裏道を抜けて、だいぶ時間を節約してくれました。

それでも、ウルワツ寺院付近は渋滞してましたね....

寺院に入るときのマナーやチケットの購入、ウルワツ寺院の中の案内もしてくれるので、色々助かります。

 

ウルワツ寺院

バリ島の南西部にある由緒あるお寺らしいです。すいませんいい加減で。

 

ホテルからは近いように見えて、結構遠いです。

海沿いの絶壁の上に建っていて、ダイナミックな眺めを堪能できます。

f:id:yurukumile:20181016005317j:plain

まずは写真奥の展望台?のようなところを目指します。

f:id:yurukumile:20181016005402j:plain

細い通路をどんどん進みます。

f:id:yurukumile:20181016005626j:plain

猿がいました。

f:id:yurukumile:20181016005740j:plain

襲われました。

 

襲われたのは子供のペットボトルです。子供が通り過ぎたらさっと近づいてきて、ペットボトルホルダーにしがみついていました。

この後しばらく、子供はガイドさんのそばを離れませんでした ^^;

f:id:yurukumile:20181016005937j:plain

この写真は別の被害者のものです。ペットボトルに穴を開けて無理やり飲んでました。

f:id:yurukumile:20181016010045j:plain

突き当りまで行くと、こんな景色が待っています。断崖絶壁の上に見えるのがウルワツ寺院本体です。

f:id:yurukumile:20181016222907j:plain

寺院は割愛して、寺院裏手の休憩所のようなところでケチャの開演を待ちます。

この下にチケット売り場があり、チケットを購入しなければなりません。が、それもガイドさんにお金を預けて代行してもらいます。なんとも楽ちんです。

f:id:yurukumile:20181016223551j:plain

 結構いい場所に座ることができました。でも、夕暮れ時とはいえ正面から日光に照らされてじりじり焼けるのがよくわかります。

f:id:yurukumile:20181016223706j:plain

いよいよ始まりました。

周りにいるおじさんたちは、演奏家であり舞台装置であるので、不思議な存在感を放っていました。

シーンに合わせて人垣で舞台を作っている感じでした。初めてだったので引き込まれてしまいました。

f:id:yurukumile:20181016224021j:plain

王女の登場です。

f:id:yurukumile:20181016224211j:plain

ハヌマン登場。

f:id:yurukumile:20181016224444j:plain

上空を飛行機が通過していきます。過去と現在が混ざりあった、なんとも不思議な時間と空間です。

f:id:yurukumile:20181016224333j:plain

客席に乱入です!

f:id:yurukumile:20181016224614j:plain

捉えられてあわや火炙りに!

f:id:yurukumile:20181016224721j:plain

逃げ出して火を消して回ります。

f:id:yurukumile:20181016224844j:plain

最後は出演者の皆さんで。よく見るとあたりはすっかり暗くなっていました。

約1時間のショーでした。

この後、待っていたガイドさんと合流し、車でホテルまで送ってもらいました。

今日以外にあと2日チャーターをお願いしているので、料金の支払いは最終日でいいと言って帰っていきました。ゆるいな~ ^^)

 

夕ご飯

時間も遅かったので、夕ご飯はホテルのレストランで摂ることにしました。

 

f:id:yurukumile:20181016225316j:plain

まずは乾きを癒すためにドリンク。疲れていたのでアルコールはなしで烏龍茶。子供はストロベリーミルク。

 

f:id:yurukumile:20181016225429j:plain

多分サラダ ^^;

f:id:yurukumile:20181016225439j:plain

イエローカレーだったと思うんですが、油揚げみたいなものが入ってます。

f:id:yurukumile:20181016225446j:plain

サテと....なんだっけ?よくわからない野菜のプレートです。

f:id:yurukumile:20181016225454j:plain

最後にデザートのピサンゴレン(揚げバナナ)。なぜかこれもコレジャナイ感が....もっとシンプルでいいんだけど、凝りすぎているんですな。

 

食べ終わったのが23時近く。疲れたし、明日は一日プールで遊ぶ予定なので、早めに寝ることにします。

 

部屋に帰ってシャワーを浴びて、おやすみなさ~い。

 

 

特典航空券でバリ島 : 往路移動(宿泊先のホテルまで)

さて、前回の投稿からめちゃくちゃ時間が経ってしまいました ^^;

自分の記憶のためにも引き続き書き留めていきたいと思います。

※2017年のお盆の話です。古い情報も含まれているのでご注意下さい ^^;

 

では、往路の移動の話の続きです。

 

f:id:yurukumile:20181013223618j:plain

これは雲間から見えた富士山。行ってきま~す。

 

いよいよ搭乗、の前に...

 実は、羽田の国際線ターミナルを利用するのは初めてだったりします。

これまでの海外旅行は全て成田発でしたので、非常に新鮮でした。

出発ロビーの上にある江戸小路やTOKYO POP TOWNなどを一通り巡ってみました。

 

が、これから海外旅行に行こうという自分が引き寄せられるものはあまりありませんでしたね... ^^;

いよいよ搭乗、のまた前に...

出発は 11:45 ということで、少しお腹が空いてきました。朝食を食べた時間も早かったですしね。

日本での最後の食事ということで、いかにも!なうどんをチョイスして少しだけ腹ごしらえしました。

ここのうどんはなかなか美味しかったです。

 

f:id:yurukumile:20181013223412j:plain

いよいよ搭乗!

初めてのガルーダ・インドネシア航空便です!

搭乗口はターミナルの端の方だったので、出国ゲートからは結構歩きました。

まずは経由地であるジャカルタに向けて出発です。

 

座席は 2-4-2 だったので、窓側の2席を妻と子供で、通路を挟んで自分が座る形となりました。おかげで落ち着いて映画を見られましたが、一緒に旅をしている感はちょっと減っちゃったかな... ^^;  こういうとき、3人でどう席を確保するかってほんと悩みますよね。

 

機内食レビュー

出発して2時間ちょっと経ったところで、機内食の配布が始まりました。内容はまぁエコノミーですので推して知るべし、です。

 

子供にはチャイルドミールをお願いしていたので、先に配られていました。

f:id:yurukumile:20181013225306j:plain

インドネシアらしいパッケージですね (^^)

中身はこんな感じです。

f:id:yurukumile:20181013225535j:plain

子供が好きそうなメニューでまとめられていて、味も良かったようです。左端に写っているのはウサギの形をしたパンですね。これは前年のマレーシア航空でも同じものを見かけた気がします。

 

大人はこんな感じです。

f:id:yurukumile:20181013225739j:plain

 ちょっとご飯がパサパサだったり...でちょっと残念な感じでした。

 

ちなみに、ANAのマイルでガルーダ・インドネシア航空の特典航空券を発行した場合、ANAのWebサイトからは座席の指定もミールの指定もできません。

なので、ダメ元でガルーダ・インドネシア航空のWebサイトから座席とキッズミールを申し込んだのですが、結果何事もなく対応してもらえました。

その時の話はこちらにまとめてありますので、興味のある方はどうぞ!

※まぁ、もう提携解消のようなので、誰の役にも立たなくなる気がしますが ^^;

yuru-kumile.hateblo.jp

スカルノハッタ空港(ジャカルタ)に到着!

約7時間半のフライトでジャカルタに到着しました!

ガルーダ・インドネシア航空はターミナル3Uに到着しました。ここから同じくガルーダインドネシア航空の国内線に乗り継いでバリ島へ向かいます。

当時、ターミナルの引っ越しが行われており、ガルーダはターミナル3U内で乗り継ぎができたので非常に楽でした。

 

乗り継ぎまで3時間以上あったので、空港内を歩きまわって、夕食と現地SIMを探しました。

f:id:yurukumile:20181014172331j:plain

 ターミナル3Uはかなり大きいターミナルでした。反対端が見えません....

 

f:id:yurukumile:20181013231252j:plain

謎のオブジェが.... ^^;

 

f:id:yurukumile:20181013231328j:plain

ちょっと見えにくいですが、シートの下に電源のコンセントとUSB出力がありました。これは旅行者に優しいですね。もちろんコンセントはインドネシア仕様ですが... ^^;

f:id:yurukumile:20181013231511j:plain

ロビーの反対端まで行って、ようやく現地SIMの販売カウンターを発見しました。早速スマホを渡して設定を行ってもらい、無事通信が行えるようになりました。

言語設定を英語にしておいたので、スムーズに対応してもらえました。

f:id:yurukumile:20181013231811j:plain

こんな飲料水マシーンもありました。

 

f:id:yurukumile:20181013231930j:plain

無事SIMが入手できたところで夕食へ。この時点で日本時間で夜8時頃なので、流石にお腹が空いていました。インドネシアということでナシチャンプル。

f:id:yurukumile:20181013232121j:plain

そしてサテ。このお店は空港内にしては安くて美味しかったです。

 

お腹は落ち着いたけど、乗り継ぎまではまだまだ時間があるということで、再び空港内をウロウロ。

f:id:yurukumile:20181013232438j:plain

左はグリコのアイス。

f:id:yurukumile:20181013232555j:plain

なぜかスターウォーズパッケージの水。

f:id:yurukumile:20181013232628j:plain

どちらもロビーのファミリーマートにありました。

 

国内線に搭乗!

そうこうしているうちに時間になったので、国内線に搭乗です。すでにこの時点で日本時間で23時過ぎ、かなり疲れてきました。そのせいか写真がほとんど残っていませんでした。

国内線も 2-4-2 で、また自分だけ離れて着席です。

現地時間21時過ぎの出発だったのですが、機内食が出ました。

 

f:id:yurukumile:20181013233426j:plain

これはチャイルドミール。

f:id:yurukumile:20181013233623j:plain

これが大人用。正直これは食べられませんでした。好き嫌いはないんですが、魚が泥臭くて...orz

ほんと、空港で食べておいてよかったです。

f:id:yurukumile:20181013233902j:plain

順調に飛行して、予定より早くバリ島デンパサール空港に到着しました。

これは到着後のお手洗いタイムのときに気になって撮影した一枚。のはず。

到着時の写真はこれしかありませんでした....

 

このあと、荷物を受け取って外に出たら、ホテルにお願いしていた送迎担当者がすぐ見つかりました。自分の名前を書いた紙をもって立っている人がいる、っていうのは特別感があっていいですね!リゾートに来たぞ!という気分が盛り上がりました。

写真を撮る間もなく車に乗り、10分ほどでホテルに到着しました。

 

宿泊先のホテルですが、現地着が0時過ぎになることがわかっていたので、空港近くのクタ地区にしました。

f:id:yurukumile:20181013234840j:plain

というわけで、ようやくホテルに到着です。

クタ地区でも空港に近い地区にあるアラヤリゾート・クタです。

※2018年にアムナヤリゾート・クタに名前が変わったようです

 

 

 

夜中到着でしたが快く迎えてくれて、チェックインもスムーズでした。あれよあれよという間に部屋に通され、気がついたらベッドに倒れ込んでいました。

 

日本時間朝7時に家を出て、バリでベッドに倒れ込んだのが日本時間で翌日2時なので、19時間の旅程でした。あ~、疲れた。お休みなさい。