ゆる~くマイル

ゆる~くマイルを貯めてギリギリでいいから目的を達成する、そんな陸マイラーを目指します。ゆる~く参ります

MENU

2020年SFC修行 修行開始 旅程A クアラルンプール往復 累計獲得PP:5,407

SFC修行、ついに始めます。

費用はこれまでソラチカルートやLINEルートでためたマイルをSKYコインに変換したものと、先日完了したドメイン売買で得た資金を充てるため、持ち出しはゼロです。素晴らしい。

 

yuru-kumile.hateblo.jp

 

まずは、旅程A クアラルンプール往復です。

今回のルート

今回のルートは、先日公開した修行ルートの旅程Aとなります。

 

yuru-kumile.hateblo.jp

成田からマレーシア航空でクアランプールに飛び、2時間ほどの滞在の後、ANAで成田に飛ぶという乗継にシビアな旅程です。マレーシア航空が遅れたら、ラウンジを楽しむ時間どころか、乗継に失敗してしまい、帰国できなくなってしまいます。はてさて、どうなりますやら。

まずは成田空港へバス移動

実は、今回の修行の中で、成田空港へ陸路で向かうのはこれが最初で最後です。

他の旅程では沖縄から空路で乗り込みます。

この貴重な機会をどのように移動しようか考え、これまで使ったことがない東京駅から出ているバスを利用してみることにしました。東京駅から成田空港まで、高速バスで1,000円で運んでくれます。

tyo-nrt.com

実はこのバス、2020年2月1日からサービスが新しくなっています。

自分が利用したのはまだ1月だったので、微妙にサービスが異なるのですが、1,000円で運んでくれるというところは変わりません。

東京駅から成田空港第二ターミナルまで70分で運んでくれるということでしたが、実測するとちょうど60分で到着しました。金曜日の夜だったので渋滞を覚悟していたのですが、高速道路は非常にスムーズでした。東京駅を出て宝町から首都高に入り、深川線、湾岸線を経由して成田へ行くルートでした。

勤務が終わってから東京駅に移動しても十分な余裕を持って成田空港に到着することができました。

今回自分はネットから予約をしていきました。バス停に到着すると、予約者の列に並ばされて、優先的にバスに乗り込めました。予約がない人は別の列で待機していましたので、待ちが多いようだと希望の時間のバスに乗れない可能性があります。予約はしておいたほうが良いと思います。

下の写真は東京駅八重洲口を出て道路を渡った先にある京成のバスラウンジです。

乗車前にトイレを利用できます。

2月以降は乗車バス停が変わっているはずなので注意してください。

f:id:yurukumile:20200213225448j:plain

2階にトイレと待合室があります。1階はインフォメーションセンターになっています。

f:id:yurukumile:20200213225817j:plain

バス車内はこんな感じです。特別感はありません。

f:id:yurukumile:20200213230119j:plain


往路マレーシア航空(MH71) エコノミークラス搭乗

修行最初の飛行機はマレーシア航空のMH71便、成田→クアラルンプール便です。

機体はAirbus 350で、初めてのAirbus 350搭乗となりました。修行で唯一プレミアムポイントに関係ないフライトです。

搭乗手続き

モバイルチェックイン済みだったので、専用レーンからすぐに搭乗手続きができました。預入荷物もないので、そのまま保安検査に向かいました。

出発1時間半前ぐらいでしたが、結構並んでいました。とはいえ、成田発の最終便に近い便のため、他のカウンターは閉まっており、空港全体としてはガラガラでした。

f:id:yurukumile:20200213230803j:plain

座席紹介

今回、最も安いエコノミー席を予約しましたが、座席指定時に+2700円して足元が広い席を選択しました。この様になっている席は機内に2箇所しかない、意外とレアな席だったりします。

前の列が非常口席なのですが、ドアがあるために窓際の座席を設置できない配置になっています。そのため、一列後ろですが前の席がなく、非常口席になっているという不思議な席です。前の席がないおかげで、出入りはものすごく楽でした。

f:id:yurukumile:20200213231533j:plain

座って足を伸ばすと、こんな感じになります。

f:id:yurukumile:20200213231625j:plain

足が伸ばせて快適ですが、テレビやテーブルが肘掛けから引っ張り出すタイプになるため、面倒でもあります。ま、仕方ないですね。

いよいよ出発です。成田は雨でした。

f:id:yurukumile:20200213231802j:plain

機内食

機内食はこんな感じです。可もなく不可もなく、という感じです。食事をしたら早々に寝て体力を温存します。

f:id:yurukumile:20200213231903j:plain

クアランプール到着

無事クアラルンプール国際空港に到着しました。現地時間の朝5時半、時間通りでした。空港は春節を祝う飾り付けが行われていました。心配していた遅延もなく、一安心です。

f:id:yurukumile:20200213232303j:plain

 

入国は...しないでとんぼ返り

帰国便は朝8時発なので、2時間半しかありません。搭乗開始までだと2時間。入国するのは時間がもったいないので、入国せずにとんぼ返りします。ちなみに海外の空港について、そのまま日本に折り返すなんて、人生初めての経験です。広い目で見れば国際線の乗り継ぎでしかないわけですが、不思議な気持ちはします。

というわけで、帰国便の搭乗開始まで時間をつぶす必要があります。帰国便はANAのプレエコなので、マレーシア航空のラウンジが利用できます。これは非常にありがたいですね。プライオリティパスのラウンジもありますが狭くていつも混んでいます。ゆったりできるマレーシア航空ラウンジは本当にありがたいです。

ちなみに、マレーシア航空でクアラルンプール国際空港を出発する便に限り、279リンギット(約7,500円)で3時間までラウンジ利用が可能だそうです。

 マレーシア航空ゴールデンラウンジ潜入

クアラルンプール国際空港国際線ターミナルはコンタクトピアとサテライトに分かれています。マレーシア航空で到着したのはサテライトで、ゴールデンラウンジもサテライトにあります。ANAの出発もサテライトです。

コンタクトピアとサテライトをエアロトレインで結んでいるのですが、そのエアロトレインの上にゴールデンラウンジがあります。

写真中央がエアロトレインのホームで、写真奥がゴールデンラウンジです。ゴールデンラウンジに行くには2階に上がらないといけないのですが、エレベーターやエスカレーターはサテライトの中心近くにしかないのでちょっと面倒です。

f:id:yurukumile:20200213234944j:plain

近くまで行くと、大きな看板が出迎えてくれます。

f:id:yurukumile:20200213235039j:plain

自分は帰国便についてはモバイルチェックインを行い、Apple Wallet にモバイルチケットを保存した状態でラウンジを訪れました。特にインビテーションの紙などは要求されず、モバイルチケットを確認して中に通してもらえました。

 

入り口の受付カウンターから左がANAプレエコで利用できるラウンジです。 

角を曲がると広々とした通路があり、奥にラウンジが見えます。 

アルコール

 通路を進むと左手にアルコールがいただける部屋があるのですが、流石に早朝は閉まっていました。

通路を進むとラウンジに入ります。右手がヌードルカウンターがあるスペースで、左側がソファー席です。ソファー席は窓際の一段低くなったところにたくさんあります。写真には写っていませんが... 

シャワー

着席前にまずシャワーということで、奥まで進んでトイレ前のカウンターで順番待ちです。私は3番目でした。通されたのは以下のようなブースです。トイレもあり広さは十分です。天井からシャワーが落ちてくるタイプなので、体を洗うのはちょっと手間でした。あと、ドライヤーはカウンターで借りる必要があるので要注意です。

食事

さっぱりしたところで朝食です。軽くおつまみとフルーツ。

マレーシアといえばナシレマ。

7時になるとヌードルバーが開いたので、ラクサを注文。

搭乗時間ギリギリになってきたのと、おみやげを買いたかったので7時15分頃に退出しました。滞在時間はシャワーも含めて1時間半ほどでした。

 復路ANA(NH816) プレミアムエコノミークラス搭乗

座席紹介

これが今回の席です。窓際15Aです。

目の前がビジネス席との区切りの壁のため、足元広々です。が、テレビを肘掛け下部から引っ張り出す形になるので、面倒といえば面倒です。画面も小さいですし。

機内食

機内食は洋食にしました。ちょっと味が薄かったような....

着陸前の軽食です。

他にビジネスクラスシャンパンをもらったり、デザートをもらったりしたはずなのですが、写真がありません.... ^^;

成田到着

成田へはほぼ定刻に到着しました。15時過ぎなので、自宅に戻っても夕食に間に合う時間です。でもその前に寄り道をしたいと思います。

帰国後のちょっとおまけの探検

気軽な一人旅だからできる寄り道をしてみました。まずはターミナル連絡バスに乗ります。

次の東成田駅で降ります。バスの進行方向に歩いて、最初の角を左に曲がります。

少し進むと、東成田駅への入り口があります。入り口に警察官?がいてちょっとびっくりします。念の為入っていいか確認する小心者です。

改札手前には壁画がありました。昔はこの駅が成田空港駅だったそうで、海外からの旅客をお迎えしていたんでしょうね。

振り返ると、そこにはどこまで続くのかわからない長い長い通路の入口が....

※いや、空港第2ビル駅への連絡口って書いてありますね...

今回の目的地はこの通路です。

早速進入しますが、空港第2ビル駅まで500mあるとのことです。

最初の下り坂を降りると、平坦な通路が続いています。遠く前方に3人歩いているだけ..

ようやく100m進みました。残り400m。

代わり映えしません。

300m。あれ?200mの看板の写真がない....

400m。残り100mです。

最後は上り坂になっているようです。ちなみにここまですれ違った人は二人。いずれも警備員さんでした。

坂を登り....

右に曲がるとゴール?の空港第2ビル駅です。

出口を逆から撮ると、東成田駅への看板が出ていました。

帰宅

あとは空港第2ビル駅からスカイライナーに乗り、JRを乗り継いで帰宅です。

寄り道しましたが、ちゃんと夕食には間に合いました。

まとめ 

今回は仕事終わりからクアラルンプールとんぼ返りだったので、大きな回り道をして自宅に帰った、そんな不思議な気分でした。心配していた遅延もなく、乗り継ぎもバッチリうまくいきました。これからもこんな調子で進んでほしいと思いました。

次回からは沖縄往復の後にクアランプール往復という修行らしい旅程となります。

修行はまだ始まったばかりです。

ではでは。